英語力があるのは当たり前




人材を雇うことのできる会社は、儲かっている会社です。

いまこのご時世、日本人だけを相手にして儲かっている会社は
少ないです。

つまり、儲かっている会社は、直接にせよ、間接にせよ、
海外を相手にしていると言えます。
(直接海外に売る、海外から安く仕入れるなど)


海外を相手にするには語学力が必須です。

ここでいう語学力とは、英語のことを指します。
(職種によっては中国語ですが。)



実際に転職活動を行ってみると、

英語ができる場合、

応募できる会社・職種が3割くらいは増す、

あるいは、年収が200万円くらいは高くなる、

といった印象を得ました。


ここで言う「英語ができる」とは、

仕事で日常的に使っていた

仕事で使っていない場合でもTOEIC800点以上ある

ことを意味します。


とても感覚的ですが、『仕事で日常的に英語を使う』とは、

毎日英語の長文メールが届いても難なく早く読めて、
相手に正確に意思伝達が文字ででき、
電話での会話も何とか聞き取れ、
こちらからも英語が話せて仕事が遂行できる、

という感じです。

転職市場で選ばれる人材として有利に進めたいなら、
最低限、TOEIC600点くらいは持っておきたいです。

もし転職を考えていない方でも、
これから転職を考えて方ならなおさら、

英語は、がむしゃらになって、使えるようにしておくと
選択肢を広げた状態(制限の少ない状態)で、
転職活動ができます。


いまこれを読んでいるあなたが、もし英語力がなかったとしたら、

転職を有利に進めることをあきらめる、なんてことはありませんよね。


これは私の経験から言えることですが、

実際、TOEIC600点を持っていなくても、面接官が
あなたに魅力を感じたら、

「英語力は大丈夫か?」
「普段どんな努力をしているのか?」

といったことを必ず聞いてきます。


面接官からこの質問が出たとき、

→うそを言ってごまかすか

→本当に努力して勉強している生の声を伝えられるか

そこがおそらく合否の分かれ目だと思います。


英語力に自信がないなら、
まずは本を使った音読をお勧めします。

ぼくはあきらめず、下の音読パッケージ教材と瞬間英作文教材を使って、
毎日少しでも英語に触れ、音読しています。







この教材で毎日平均20分、1年間やり続けて
TOEIC 100点UPしたので、

正しく努力すれば無駄にならない

と感じています。

たいていの場合、転職活動を終えても結局、英語の勉強は
継続して続けることになるはずです。
今からコツコツ始めましょう。


【語学(英語)力の重要性の最新記事】
posted by rise at 21:26 | Comment(0) | 語学(英語)力の重要性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。