知っているだけで大きく違うこと




インフレ、消費増税、給与ボーナスの伸び率低下、円安による円資産の価値下落、

そして何より、

転職による給与低下。

普通預金口座にお金を入れておくだけでは、

見えないところで確実に自分のお金の価値は目減りしていきます。


だまっていても目減りしていく資産をどうやって守るか。


守る手段として検討すべきは、


いかに支出を減らすか


これに尽きます。



支出の中で最優先に着手すべきは


固定費


です。

削れる固定費は可能な限り減らしていくべきです。


【検討すべき固定費】

1.住居費
2.通信費
3.保険


【解決策としての案】

ここから先は読者の方の

ライフスタイル、個別の事情、価値観

により答えが決まるため、

ここではあえてヒントにとどめています。


1.住居費

安い家賃の住居への引越し、あるいは、中古マンションの購入など。

個人的には中古マンションの購入がおすすめです。


都心から少し離れたところに目を向けると、

築年数さえ選り好みしなければ、

駅近で格安の中古マンションがごろごろあります。

月々の家賃負担が減ると、貯金額は一気に増えます。


2.通信費

<自宅の電話&インターネット契約>
・フレッツ光に契約しているなら、業界最安のExcite光に契約を乗り換える

・電波の入りさえ問題なければ、自宅の固定回線契約を解約し、ポケットWiFi+携帯電話のみにしてしまう

<携帯電話>
・ほとんど通話しないガラケーを持っていて、携帯番号を残したい場合は3円契約に切替えてしまう

・スマホを使いたいなら、SIMフリーのスマホに切り替え、可能な限り街中の公衆WiFiを使う


3.保険

・保険は必要なものだけに絞り込む。

・例えば、医療保険は県民共済などの掛け捨てタイプに切り替えるなど


固定費の見直しと共に重要なのが日々の節約です。

「節約」とGoogle検索すれば、

膨大な情報が入手できます。


得するクレジットカードを持つ、ポイントを効率よく貯める、

普段割引がきかないものもセルフアフィリエイトで探してみる等、、、






ちょっと知っているだけで

日々の支出を抑えることができる知恵が

ネット上にごろごろ転がっています。


個別の実践例については今後書いていきます。



【資産の自己防衛術の最新記事】
posted by rise at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産の自己防衛術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。