転職1年目の仕事術



転職活動中のあなたにおすすめの本を紹介します。

『転職1年目の仕事術』 千田拓哉著

あなたがたとえ転活中であっても、

いま働いている職場で自分を見つめなおせる内容がたくさん載っているので、

本当に一読をお奨めします。

もちろんここに書かれている内容ができている人はおそらく

ビジネスマンとしての基本がしっかりしていると思いますし、

転職する必要もない実力者なのでしょう。

私は転職先に内定を頂いた後にこの本を読みましたが、

転職先での自分の振舞い方を決める際に大変参考になりましたし、

今でもときどき読み返して日々仕事のふり返りに使っています。

転職を考えている方であれば必ず読んでください。

『転職1年目の仕事術』 千田拓哉著
posted by rise at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職務経歴書を書く前に知っておきたかったことベスト3 〜第1位〜


職務経歴書を書くのは、とても時間がかかることです。

ある程度の業務経験を積んだ方なら、なおさらです。


何を書くか、それだけで迷ってしまうでしょう。


そこで、職務経歴書を書き終えた自身の経験から、

書く前に知っておきたかったこと3つを、

「ベスト3形式」でご紹介します。



【職務経歴書を書く前に知っておきたかったことベスト3】

第1位 常に採用担当者の●●で

第2位 結果は●●で書く

第3位 細かい●●の重要性




今日は第1位です。


第1位

常に採用担当者の目線で



職務経歴書を書いていると、意外と忘れてしまうのがこの考え方です。


自分はこれだけのことをやってきた

こんなことが得意だ

こんなこともできる


など、やれること、やってきたこと、アピールしたいことを

ただ書いたところで、ほとんど意味がありません。


職務経歴書で見られるポイントは3つあります。


1.年齢

こればかりはコントロールできない部分なので、

正直に書くしかありません



2.募集ポジションとの親和性

会社が望むスキル・経験を

あなたが持ち合わせているかどうかが見られます。



この部分は特に、採用担当者の目線が必要です。

会社ごとに書く内容を変更する必要もあるくらい、

重要な部分で、


転職エージェントに登録している方なら、

書類応募後に、

「●●のスキルや経験があるか、書き足して欲しい」

のように、エージェントから修正を依頼される場合も

あるくらいです。


3.大丈夫か

どんな工夫・経験を積んで、そこから学んで成長してきたのか、

今後、どんなビジョンを持っているのか、

転職理由は妥当か、

ジョブホッピング(すぐ辞めて何社も渡り歩く)してきてないか、

など、


不自然さ、一貫性のなさなどがチェックされ、

長期的に戦力になってくれるかどうか、

がチェックされます。





自分が採用する側、コストをかけて人を雇う側になって、

少し考えて見れば、

採用担当者があなたの何を見ているのか、

わかることでしょう。



※忘れてはならないこと

最後にもう一つ、忘れてはならないことがあります。

それは、

あなたの書類は常に他人との比較がなされている

ということです。



採用担当者は

あなたの書類だけを、いろんな角度から見ているのではなく、

商品をならべて比較するのと同じ感覚で書類をならべて

その複数の応募者のなかで

比較検討しているという事実を忘れないように。



常に他人との競争だからこそ、

そしてその他人が見えにくいからこそ、

毎日、自分を磨いていき、欲しがられる人になりましょう。